子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>金子みすゞ

金子みすゞ・いのちのうた1【浄土真宗編】

 金子みすゞ・いのちのうた1【浄土真宗編】

「みすゞの詩には仏さまの心が宿っている」
──近年、みすゞの詩に仏教の心を見出す人々の多さに驚かされます。
それぞれの宗派の視点から、みすゞの詩に迫るシリーズ。
第1弾は、みすゞの故郷のあたりで広く信仰されている浄土真宗編。

本体1,000円+税 cart.gif

著:上山大峻・外松太恵子
四六判/128頁

◎元龍谷大学学長・浄泉寺(浄土真宗本願寺派)住職・上山大峻
「仏さまの心でとらえた、すべてのいのちのいとなみが、みすゞさんの詩のすみずみに息づく」
◎青少年問題カウンセラー・本願寺総合企画室インターネット・FAXサービス編集スタッフ・外松太恵子
「もしかすれば、仏さまがはかなき詩人に身を変えて、ひととき私の前にことばとなって、詩となって現れてくださったのかもしれません」

コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :