子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>金子みすゞ

金子みすゞ《南京玉》より・ふうちゃんの詩

 金子みすゞ《南京玉》より・ふうちゃんの詩

夫に詩作を禁じられたみすゞは、《南京玉》と題した手帳に、娘ふさえの幼い言葉を書きとめていきました。
347にも及ぶあどけない言葉には、ほほえましい気持ちになると同時に、母みすゞと娘ふさえの豊かな語らいのひとときをかいま見るようです。
この手帳から13の言葉を選び、上野紀子が母と子の姿を心をこめて描いています。
ご出産のお祝いなどに、いかがですか?


本体1,360円+税 cart.gif

解説:矢崎節夫/絵:上野紀子
256×210mm/32頁

【収録された言葉】
南京玉は、七色だ、…/おつきさま、やねに、…/オカア、オカア、…/おぶうちゃんのほっぺた、…/あのね、あのね、…/雨じゃんじゃん降ってるね、…/むかしむかしね、…/ぶうちゃん、なみだ、…/菜っぱのダンス、…/お母ちゃん、ねんねしたらいやん、…/おかあちゃんの手、…/いいお天気ね、…/もしもし、…/ねずみも、うれしいうれしいお正月って、…

コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :