子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>子どもについて考える本

1998 春 No.16  子どもを愛するということ

 1998 春 No.16  子どもを愛するということ

特集1子どもを愛するということ
◎座談会1「子どものために」といいながら
座談会2「子どもの意思尊重」というけれど
◎ちょっと気になる親子関係
◎保育者へのメッセージ、子どももお母さんも受け入れる 池田祥太郎
◎受けいれる、愛の原点 久保田浩
◎特集図書館
特集2食べる
◎子どもにとって食べるということの意味 柳沢幸江
◎食べた餅より心持 加古明子
◎園の昼食拝見 明美が丘幼稚園/河和田幼稚園/木内鳩の家幼稚園/
鈴ヶ森めばえ幼稚園/うらら保育園/小俣幼児生活団/しいの実保育園/真愛保育園/


本体1,000円+税 cart.gif

編集:幼年教育研究所/編集責任:久保田浩

コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :