子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>金子みすゞ

西村祐見子童謡集・せいざのなまえ

 西村祐見子童謡集・せいざのなまえ

金子みすゞにつながる童謡の世界に、長い間待たれていた新人、西村祐見子の第一詩集。
「小さな林」ほか澄んだまなざしが見つめた、何気ない日常の美しさや感動に満ちた44編。

文豪森鴎外は、「童謡は詩の芽だ」と語ったそうです。
子どものころから、詩の芽に親しませたいもの。
日本の童謡の代表的な詩人の作品を、コンパクトな愛蔵版にまとめた[JULAの童謡集シリーズ]。
親子で、美しく豊かな日本語をお楽しみください。


本体1,000円+税 cart.gif

選:矢崎節夫/装丁挿絵:高畠純
B6変形/120頁
[JULAの童謡集シリーズ]
日本児童文芸新人賞・日本童謡賞新人賞ダブル受賞(2001年)

★本書内「木の葉」は東京書籍小学3年国語教科書(下巻)に掲載されています。

【収録詩】
[ことり]ことり/ほん/はっぱ/木/はっぱと ぼく/紙/みどりの プロペラ
[したから うえに]したから うえに/にじと こだま/かぜと ふうりん/ひるがお/ぬけがら/たけのこ/しんこきゅう/秋
[こくばん]こくばん/したじき/けしごむ/くぎ/あくび/おふろの うた/つきの ボタン/マスク
[せいざの なまえ]せいざの なまえ/ほし/りんご/玉ねぎ/つち/なみだ/ゆび
[小さな林]小さな林/あいづち/キャベツ/かくれんぼ/うみ/きょう/木の葉
[ほたるぶくろ]ほたるぶくろ/ゆきやなぎ/きぬさやえんどう/なずな/かいがら/はさみ/きくの はな

コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :