子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>村山籌子(かずこ)

村山籌子作品集1・リボンときつねとゴムまりと月

 村山籌子作品集1・リボンときつねとゴムまりと月

楽しくて、オシャレ、シュールで、あったかい。
今から60年以上も前に書かれたのに、新鮮なユーモアにあふれた村山籌子の作品集第1弾。
夫・村山知義の挿絵の魅力も格別です。

おなべとおさらとカーテンは、毎日同じ仕事がいやになって、にげだそうとしました…
「おなべとおさらとカーテン」など童話11編、童謡4編、絵ばなし2編収録。


本体1,500円+税 cart.gif

文:村山籌子/絵:村山知義/あとがき:小河内芳子/編集:村山籌子作品集編集委員会
A5変形/100頁
中央児童福祉審議会推薦文化財

【収録作品】
ライオンの 大ぞん/おなべと おさらと カーテン/おねぼうな じゃがいもさん/おはなを かじられた おねこさん/あめくん/かみどこやの だいこんさん/(童謡)わたしは じゃがいも/(童謡)ギッコン バッタン/(童謡)おやかんと おなべと フライパンの けんか/(童謡)もしも あめの かわりに/(絵ばなし)みみずくさん/(絵ばなし)あひるさんと にわとりさん/小犬の ちびすけ/きりぎりすの かいもの/ひつじさんと あひるさん/せんたくやと がちょうさん/リボンと きつねと ゴムまりと 月


◎読者のおたより
見つけた時、びっくりしました。まさか今、村山さんの絵本が売ってるなんて! 古い本かしらと思ったら新しくてまたびっくり。よく見ればJULA出版局さん。ナルホド…。(金沢市・山根様)
この絵本を読んでいる時は、なんだか自分の周りの時間がゆったり流れているような気になります。外国の絵本にはない独特の語り口調と、日本昔話などにはないハイカラさがあって、おもしろいと思いました。日本にもこんな絵本があったんですね。(宝塚市・井口様)

コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :