子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>子どもについて考える本

1994 秋 No.2 子どもにとって家族とは?

 1994 秋 No.2 子どもにとって家族とは?

◎レポート家族の素顔
子どもたちは、こういう/父親たちは、こういう/母親たちは、こういう
千葉優子・藤本吉伸・師岡章
◎新しい家族を求めて?レポートから見えてきた家族の素顔 師岡章
◎家族を演じる家族 佐々木正美
◎共働き家族奮戦記・身近な生活空間の探検を 羽田二郎
◎単親家族奮戦記・ママたちへの応援歌 山田静子
◎大きな共同家族・みーんなでひとつ 和田重良
◎在日外国人家族奮戦記・にぎやかな保育園生活 伊東世光
◎失われる子育て機能?家族の変化を考える 佐藤洋子
◎普段着のように?お母さん・お父さんがんばらないで 久保田浩
◎家族からもらったもの はじめての稽古 葉桐次裕


本体971円+税 cart.gif

編集:幼年教育研究所/編集責任:久保田浩

コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :