子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>金子みすゞ

みんなを好きに―金子みすゞ物語

みんなを好きに―金子みすゞ物語

現在、ほぼすべての小学生が、教科書でみすゞの詩に出合います。
「こんなすてきな詩を書く金子みすゞって、どんな人だったんだろう?」
この気持ちに、ていねいに応えたい…『金子みすゞ全集』発行から25年、
矢崎節夫が、渾身の思いを込めて子どもたちに贈る“みすゞ伝記”。
『童謡詩人金子みすゞの生涯』を著した著者ならではの忠実な描写と、
作品の世界を大いに楽しんでほしいという願いのこもった、あたたかい物語の融合。
『ほしとたんぽぽ』の上野紀子が、みすゞの愛らしい姿を情感たっぷりに描いています。

本体1,700円+税 cart.gif

著:矢崎節夫
/挿絵:上野紀子
A5判/288頁

【目次】
第1章・ふるさと 仙崎
お宝さん/金子家のきまり/四軒目の本屋の/魚と鯨のいのち
第2章・瀬戸崎尋常小学校
かわいい級長さん/ハレーすい星がくる!/天才さんがきてる!/電灯のつく日/おしゃれな先生/兄堅助とテル
第3章・大津高等女学校
学校へゆくみち/こっくり正解事件/喜びとかなしみ/母ミチの再婚/テル姉さま/テルと正祐
第4章・童謡詩人 金子みすゞ
商品館内 金子みすゞ/《おさかな》《打出の小槌》/あこがれの星――/童謡詩人 金子みすゞ/結婚、そして――/かわいい顔して……

コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :