子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>マビノギオンと英国児童文学

物語の紡ぎ手 アリソン・アトリーの生涯

物語の紡ぎ手 アリソン・アトリーの生涯

アリソン・アトリー没後30年記念出版!
グレイ・ラビット、チム・ラビット、サム・ピッグなどの動物ファンタジーや
長編ファンタジーの傑作『時の旅人』の著者として知られる、
イギリスの女流作家アリソン・アトリー。
ダービシャーの農場に生まれ「田舎の子ども」として自然のなかで育った彼女が、
理科の教師を経て作家となり数多くの作品を生み出した、
彼女の背景にあったものとは...。
本書は、「生まれながらの物語の語り手」といわれたアトリーの遺した
40冊の日記をもとに、91年間の長い生涯を歴史学者の目で詳細に描き出した、
唯一の本格的な伝記です。
待望の邦訳!


本体3,800円+税 cart.gif

著・デニス・ジャッド/訳・中野節子
A5判/468頁


【私がお薦めします】
感性と理性の絶妙なバランスを保つアリソン・アトリーは、幼い子にぴったりの物語から大人向けのエッセイまで、あらゆる年齢層を幸せにしてくれる作家だ。が、彼女自身に関しては思い通りにいかないことが余りに多すぎた。でも怯まなかった。自分を曲げない強靭な生き方は、天性の無邪気に支えられたのだろうか。謎ときの趣もあり興味はつきない。(童話作家・中川李枝子)

コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :