子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>「マビノギオンの世界展」in福岡

Blog

2008.08.28  「マビノギオンの世界展」in福岡

ヨーロッパ最古の民といわれるケルト人の中で、島のケルトと呼ばれたウェールズ地方のカムリ人。彼らの言語文化の宝といわれる「マビノギオン」は、ケルト 文学の華であり、英国ファンタジー文学の源流でもあり、その神話や伝説、民話は「アーサー王物語」の原型ともいわれています。
2000年春、初めてウェールズ語から完訳されたマビノギオン─中世ウェールズ幻想物語集─(訳・中野節子)を携えカメラマン加藤忠興・公惠夫妻は、物語の背景を写真に収める旅に出ました。6年に及ぶ緻密な取材から、一昨年末、写真集マビノギオンの世界─ウェールズに物語の背景をたずねて─が生まれました。
写真集に収録された写真とともに、「マビノギオン」の魅力を伝えるパネル展です。

「マビノギオンの世界展」
会期:2008年9月1日(月)→ 30日(火)
開店時間:10:00―18:30
会場:絵本の店あっぷっぷ

福岡県大宰府市大佐野1-6-30 TEL.092-919-6300FAX.092-919-6311

投稿者 JULA出版局 (13:51) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :