子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>【終了】茂田井武生誕100年記念トーク「父・茂田井武のことなど」in池袋

Blog

2008.10.06  【終了】茂田井武生誕100年記念トーク「父・茂田井武のことなど」in池袋


motai.jpg
『茂田井武画集1946→1948』(JULA出版局)より

絵本『セロひきのゴーシュ』など、数々のすぐれた子どものための作品を遺した天才画家・茂田井武。
若き日の世界放浪の後、昭和11年(1936)頃より挿絵画家となり、雑誌「新青年」などで活躍。
その後童画の仕事が増え、喘息と結核に苦しみながらも、驚くほど精力的に仕事をしました。
戦後の貧しかった時代、粗末な紙に印刷された作品の数々は、素朴で、いきいきとして、暖かく、今でも多くのファンを持ちます。
カラー印刷の技術が進歩し、美しい絵本が数多く出版される時を待たずに、昭和31年(1956)に48歳の若さで世を去りました。
生誕100年を迎えた今年、ふたたび注目が集まる茂田井武についての思い出などを、次女の後藤暦さんに語っていただきます。

JUNKU連続トークセッション
茂田井武生誕100年記念トーク
「父・茂田井武のことなど」

後藤暦
(茂田井武・次女)
聞き手・大村祐子(JULA出版局代表)
日時:2008年11月20日(木)19:00から
会場:ジュンク堂書店池袋本店 4階喫茶
東京都豊島区南池袋2-15-5 TEL.03-5956-6111
入場料:1,000円(ドリンク付き)定員:40名

[申し込み・問い合わせ先]ジュンク堂書店池袋本店TEL.03-5956-6111
※1階案内カウンターにて受付。電話予約も可。

投稿者 JULA出版局 (15:46) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :