子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>【終了】生誕100年 茂田井武展 in喜多方

Blog

2008.12.09  【終了】生誕100年 茂田井武展 in喜多方

1908(明治41)年、東京日本橋の旅館の次男として生まれた茂田井武は、幼少の頃から絵を描くことが得意で、美術学校への入学を試みますが失敗、シベリア鉄道でヨーロッパ各地を経由してパリへ行き、働きながら独学で絵を描き続けます。帰国後、1936(昭和11)年頃より挿絵画家となり、数多くの子供向けの絵本や雑誌の挿絵を手がけ高い評価を受けますが、1956(昭和31)年、喘息と結核が悪化し48歳の生涯を閉じました。今では出会う機会の少ない茂田井武の素朴で詩情豊かな、ユーモアとみずみずしい生命力にあふれた作品をとおし、後に続く絵本制作者たちに大きな影響を与えた彼の画業を紹介します。

生誕100年
茂田井武の世界展

会期:2008年12月20日(土)→ 2009年2月1日(日)
会場:喜多方市美術館
福島県喜多方市押切2丁目2番地TEL.0241-23-0404

開館時間:10:00―18:00
休館日:月曜日および12月26日から1月5日
※1月12日(月)は開館、13日(火)を代休
★JULA出版局からでている茂田井武の本はこちら
★公認サイト茂田井武びじゅつかんはこちら

投稿者 JULA出版局 (11:14) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :