子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>2009年06月

Blog

2009.06.01  紫陽花の季節になりました。

2009年が明けたのがつい昨日のようなのに、もう6月です。
このごろ、お店に来てくださるお客さんが、少しずつ増えてきているようで、嬉しいです。
JULAでは、来年の金子みすゞ没後80年を記念して開催される予定の『金子みすゞーーみんなちがって、みんないい』(仮称)に向けての具体的な仕事が始まりました。
忙しくなりそうです。
いろいろなこと、はっきりしましたら、真っ先にお伝えしますね。
ところでみなさん、「甲骨文字」ってご存じですか。
3000年以上も前、中国の殷の時代の絵文字で、漢字のルーツといわれているものなんだそうです。
それがあんまりおもしろくて、今、ハマっています。
「龍骨」という漢方薬のなかから見いだされて、それが中国でも最も古い殷時代の文字であることがわかってから、今年で110年です。
漢字のもとは、ほんとにいきいきとした絵文字であったことがわかり、夢中になりそうです。
こんなものが、子どもたちの身近に、もっともっとあってもいい、そんな気がします。
近いうちに、写真でお見せしますね。
というのも、新しい店長は、ブログに写真を載せる方法がいまいちわからないんです。
勉強して、かならずできるようになりますから、お待ちください。

東京でも、紫陽花のつぼみがあちこちに見られ、梅雨が間近いことを思わせてくれます。
子どもの本の店JULAにおいでの節は、どうひとこと、ご意見、ご感想、お願い致します。

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)