子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>出張に行ってきます!

Blog

2009.10.16  出張に行ってきます!

来週は一週間の予定で九州の書店さんをまわります。
今回書店さんにご紹介して歩く本の目玉は、2つの新刊です。

ひとつは以前店長の大村が書き込みしました、甲骨文字の絵本がいよいよ年内に出版できそうで、タイトルは『十二支のものがたり』。甲骨文字だけでつくられた、これまでにない絵本に仕上がりそうです。甲骨文字の面白さはもちろん、絵本としても、とても美しいデザインで、どのページもみていて飽きません。いま制作は大詰めの段階。たくさんの要素がある本なので、近いうちにこのホームページでも、トップでご紹介できるようにしたいと思います。

もうひとつは、こちらは年明けになると思いますが、『矢崎節夫と読む 金子みすゞ 美しい町』という童謡集。金子みすゞが残した3冊の手書きの童謡集の第1冊目「美しい町」から60編を選び、だれよりもみすゞの詩の魅力にとりつかれた矢崎節夫先生が詩の解説するという、金子みすゞの作品集です(このシリーズは「空のかあさま」「さみしい王女」と続刊予定です)。これまで遺稿発見から27年にわたって、金子みすゞの作品を世に広め、深く読みつづけてきた矢崎先生と、一緒に作品を味わっていただくという本になります。

この2つの新刊と、それから年末年始に書店さんに置いていただきたい本を紹介してきます。
新たな人や本との出会いがある出張となりますように。
それでは行ってまいります。

WEB店員 柴崎

 

 

投稿者 JULA出版局 (14:40) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :