子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>2012年12月

Blog

2012.12.28  本年もありがとうございました!



%E9%BE%8D%E3%81%AE%E6%96%87%E5%AD%97.jpg
上は前回のブログにも出てきた「辰」の甲骨文字です☆
本当に龍が飛んでいくように見える気がしませんか?(*^^*)

さて、あっという間に、JULAの今年の業務も終了いたしました。
『イギリス児童文学講座』と、
『矢崎節夫と読む・金子みすゞ童謡集』のシリーズも完結を迎え、
金子みすゞ没後80年展がフィナーレを迎え、
JULA出版局も創立30年を迎え・・・
たくさんの方に支えられて、少し区切りのついたこの1年。
今までの想いもこめて、感謝感謝の年でした。
もちろん、JULAに興味を持って、
このブログに来ていただいた皆様にも感謝です☆
なかなか更新出来ていないのに
見てくださってありがとうございます。
来年はもっと頻繁に更新していくつもりですので、
乞うご期待ください!

さあ、来年は金子みすゞの生誕110年!
金子みすゞ記念館も開館10年!!
来年に向けて色々準備もしておりますので、
皆様どうぞお楽しみに☆

それでは、よいお年をお迎え下さい。
また来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.12.14  もう年末ですね

 

アッという間に、今年も残す所あと二週間となりました。
金環日食やオリンピックなど、印象的なイベントもいろいろあった一年でしたね。

JULAとしても、相田みつをさんと金子みすゞのコラボレーション展から始まり、約10年ぶりにドラマが放送されたり、全国12か所を巡ってきた没後80年展もフィナーレを迎え・・・他にもみすゞを取り上げたコンサートやイベントなど、多くの方とのご縁があった感謝感謝の一年でした(^ー^)


さて、本日は、この季節にぴったりなJULAの絵本をご紹介します!



十二年で一周する干支の順番がどうやって決まったのか。
日本でも同じ言い伝えはありますが、中国では猪が豚になるんです!


そして、この絵本の最大の特徴は、甲骨文字がキャラクターとなっていること。
干支のお話を読みながら、今私たちが使っている漢字の元である甲骨文字も学べます。

では、ここで甲骨文字クイズです。

来年の干支である「蛇」は、表紙のどこにいるでしょうか??
















正解は・・・



形がシンプルなので、分かりやすかったかもしれませんね。
ちなみに、右隣が今年の干支の「龍」です。
時計回りに干支の順番になっているので、ご自分の干支は甲骨文字だとどんな字なのか見つけてみるのも楽しいかもしれませんね。

年の暮れから新年の家族団らんのお供にもおすすめです!

詳細はこちらまで


投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)