子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>2013年06月

Blog

2013.06.24  金子みすゞ生誕110年記念 みすゞトークスペシャル開催決定!!




写真提供:金子みすゞ著作保存会

童謡詩人・金子みすゞの詩を愛する人々の集い 〈スペースみすゞコスモス〉。
同会の活動の中心になっているのが、矢崎節夫氏が、各界で活躍するみすゞファンをゲストに迎え、それぞれのみすゞ観を大いに語るイベント「みすゞトーク」です。

今年は金子みすゞ生誕110年の記念の年ですので、スペースみすゞコスモス主催のスペシャルみすゞトークも、例年とは違います!

なんと、今年は関東(東京)だけでなく、関西(京都)でも開催いたします!!
今まで、東京が遠方すぎて参加出来なかった方はもちろん、秋の紅葉狩りに京都へお越しのご予定の方もご参加してみてはいかがでしょうか?
京都のゲストは、京セラ顧問でいらっしゃる伊藤謙介先生、東京のゲストは、映画「みすゞ」でみすゞ役を演じてくださった女優の田中美里さんです。ジャンルの違うお二人から、それぞれどんなお話が聞けるのか、どうぞお楽しみに♪

みすゞトークvol.39
みすゞトークスペシャル・伊藤謙介先生に聞く

出演:伊藤謙介
(京セラ顧問)矢崎節夫(金子みすゞ記念館館長)
日時:2013年10月12日(土)開場13:30/開演14:00
会場:龍谷大学 アバンティ響都ホール

京都市南区東九条西山王寺31 アバンティ9階(JR京都駅 八条東口より徒歩1分)
協力:龍谷大学 人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター

ゲスト・プロフィール:いとう・けんすけ/昭和12年生まれ。昭和34年京都セラミック株式会社(現京セラ株式会社)入社。平成元年代表取締役社長。平成11年、代表取締役会長。平成17年、取締役相談役。平成21年、相談役。平成25年顧問就任、現在に至る。平成13年から19年まで、京都商工会議所副会頭、平成14年から18年まで京都工業会副会長等を務める。著書に「心に吹く風」「リーダーの魂」「挫けない力」がある。新聞、雑誌にエッセイ・書評等を寄稿している。

みすゞトークvol.40
みすゞトークスペシャル・田中美里さんに聞く

出演:田中美里
(女優)矢崎節夫(金子みすゞ記念館館長)
日時:2013年11月9日(土)開場13:30/開演14:00
会場:銀座キレイが丘(5階会議室-B)

東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル5階会議室B(東銀座駅 4番出口より徒歩2分)

ゲスト・プロフィール:たなか・みさと/1977年2月9日生まれ、石川県出身。1996年、第4回「東宝シンデレラ」審査員特別賞受賞。97年、NHK連続テレビ小説「あぐり」のヒロインに抜擢されデビュー。その後、映画、ドラマ、舞台のみならず、冬のソナタのチェ・ジウの吹替えやナレーションなどでも活躍、その魅惑的な声で人々を魅了している。主な出演作品に、映画「みすゞ」「探偵事務所5」、ドラマ「WITH LOVE」「一絃の琴」「小暮写眞館」「島の先生」、舞台「かもめ」「淫乱斎英泉」「高き彼物」「つく、きえる」など多数に出演。BayFMのラジオ番組「Morning Cruisin'」ではパーソナリティーとしても活躍中。

《お申し込み方法》
☆スペースみすゞコスモス事務局まで、お電話またはFAXにてご連絡ください。
☆メールでのお申込はこちら。件名を「みすゞトーク参加」としてくださいますようお願い申しあげます。
いずれも希望会場代表者名(会員の方は会員番号も)ご連絡先参加人数をお教えいただき、同様の内容を郵便局備え付けの振込用紙の通信欄にご記入のうえ、事前に申し込み人数分の参加費のお振込をお願いいたします。お振込の確認ができましたら、9月に入ってから順次チケットを発送いたします。
参加費:一般2,000円/学生1,000円(京都のみ)/スペースみすゞコスモス会員1,500円
申込〆切日:2013年9月13日(金)

※当日券は一般・会員ともに200円増しです。お席の確約ができませんので、できるだけあらかじめお申し込みください。

《振込先》
ゆうちょ銀行
口座記号:00150-0
口座番号:16452
加入者名:スペースみすゞコスモス

[申し込み・問い合わせ先]スペースみすゞコスモス事務局(JULA出版局内)
TEL.03-3818-0791 FAX.03-3818-0796

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2013.06.14  イギリス児童文学 〜ファンタジーの始まり〜


ただ今、大妻女子大学の千代田校図書館1階展示コーナーにて、中野節子名誉教授の貴重な蔵書をお借りして18・19世紀ファンタジー誕生前後の児童文学の原書が展示されています。

イギリス文学の研究者・中野節子先生は、JULAの草創期から交流があり、イギリス児童文学シリーズに加え、『アリソン・アトリーの生涯』や『マビノギオン』の訳者でもあられます。そんなイギリス文学に造詣の深い中野先生の蔵書を実際に目にすると、改めてイギリス児童文学の歴史の深さを感じることができるでしょう。

「イギリス児童文学 〜ファンタジーの始まり〜」
大妻女子大学 千代田校図書館1階展示コーナー
<第1期>ファンタジーの生まれるまで
2013年6月10日(月)→7月6日(土)

<第2期>芽吹きはじめたファンタジー
2013年7月8日(月)→7月31日(水)


詳しくは、大妻女子大学・大妻女子大学短期大学部 総合情報センター図書館のホームページまで
JULA出版局の関連書籍はこちら→ファンタジーの生まれるまで芽吹きはじめたファンタジー


投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2013.06.10  てがみ座 第8回公演 空のハモニカ ーわたしがみすゞだった頃のことー


6月に入り、どんどん蒸し暑くなってきましたね!皆様はいかがお過しでしょうか?
私は、通勤途中にあるアジサイが見頃を迎えているので、暑いながらも毎朝楽しみにしています(^ー^)
あ、あと近所に巣くっていた燕がやっとヒナになったようで、子燕の元気な声を聞くのも楽しみです♪

さて、今回は、来月から始まる演劇のご紹介です。


演劇ユニット てがみ座 第8回公演
「空のハモニカ ーわたしがみすゞだった頃のことー」
<京都・東京>二都市ツアー


<京都公演>
日時:2013年7月5日(金)〜7日(日)
5日(金) 19:00〜(プレビュー公演)
6日(土) 14:00〜、19:00〜
7日(日) 14:00〜
場所:京都芸術センター フリースペース(京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2)
京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅
/阪急京都線「烏丸」駅22番、24番出口より徒歩5分

<東京公演>
日時:2013年8月1日(木)〜4日(日)
1日(木) 14:00〜(プレビュー公演)、19:00〜
2日(金) 14:00〜、19:00〜
3日(土) 14:00〜、19:00〜
4日(日) 14:00〜
場所:座・高円寺1(東京都杉並区高円寺北2-1-2)
JR中央線 高円寺駅 北口徒歩5分

チケット: 前売り・当日:3,500円  プレビュー公演:3,000円
チケット販売(リンクあり):ローソンチケットてがみ座(メール:ticket@tegamiza.net)、
京都芸術センター(京都公演のみ)西館1階事務所横窓口、
座・高円寺チケットボックス(東京公演のみ/月曜定休)

問合せ先:演劇ユニット てがみ座
(メール:info@tegamiza.net)
TEL.080-5489-7854(palette&bullet)

公演詳細はこちら(特設ページへのリンクです)

 


空のハモニカ(初演2011年9月:撮影 伊藤 雅章 / GASHO ITO) 

 


 てがみ座主宰の長田育恵さんによると、この作品は、金子みすゞ(本名 金子テル)が「みすゞ」という名を捨てて生きた、最後の数年の物語です。彼女の芯の強さ、眼差しの透度、不器用な頑なさ、ぎこちなさ、大切なものへ寄せる想い・・・・・・そうしたものを見つめていると、女性にとっていつの時代も変わらない、生きる価値観のようなものが胸に迫ってきます。

この作品の初演は、2年前で、演劇批評詩『シアターアーツ』において、その年のベスト舞台第7位に選ばれています。

金子みすゞ生誕110年のこの夏、一度足を運んでみられてはいかがでしょうか?(*^^*)


 

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2013.06.01  小石川植物園探訪6月は番外編です


今月は、いつもの小石川植物園から少し遠出をして、白川神社まで行ってまいりました!
ここは、アジサイ神社としても有名なようで、今週末からはあじさい祭も開催されるとのことです。
満開にはまだちょっと早いかな?と思いますが、どうぞご覧ください(^ー^)


半びらのフチが白くなっているアジサイ


鮮やかな赤紫色。
アジサイは、土のpHで色が変わると聞きますが、赤紫色のすぐお隣は青かったりするのは
お手入れの賜物でしょうか?
 

境内横のアジサイ。
ここはやわらかな薄紫色。


まだ4分咲きくらい。
でも、この色づく前の薄緑色が混じっているのも綺麗ですね。

 

 


白いアジサイもありました。
ジューンブライドの花束にも良さそうです。

 

 


今週末のお祭りには、もっと花が大きく見頃になっているかと思います。


アジサイは、晴れの日はもちろん、雨でも綺麗に映えるお花なので、天気を気にせず楽しめるのも魅力だと思います。梅雨のお散歩に、アジサイを見にいかれてはいかがでしょうか?

さて、来月はまた小石川植物園に行ってみようと思います。どんなお花が咲いているか、楽しみです(^ー^*

 

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)