子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>矢崎節夫先生が童謡文化賞を受賞!!

Blog

2014.05.22  矢崎節夫先生が童謡文化賞を受賞!!


本日、とてもうれしいニュースがとびこんできました。
童謡詩人であり、金子みすゞ記念館館長である矢崎節夫先生が、2014年童謡文化賞(第13回)を受賞されることになりました!

童謡文化賞は、
童謡の創造、振興を図る社団法人日本童謡協会と、「教育と文化を通じて人づくり」を企業理念とする東京書籍株式会社が、2002年に創設し、日本国内において童謡文化の普及発展に寄与した個人もしくは団体に贈られる賞です。

矢崎節夫先生の受賞は、
埋もれていた金子みすゞ作品を発掘し、世に広められた功績と、
昨年出版された『うずまきぎんが』が評価されたものです。
矢崎先生、おめでとうございます!!

なお、授賞式は7月1日に都内で行われる予定です。

  %E7%9F%A2%E5%B4%8E%E5%85%88%E7%94%9F%20.jpg

矢崎節夫先生の作品、「うずまきぎんが」をご紹介します。

うずまきぎんが

ぼうえんきょうを   のぞかなくても

――ここに
       うちゅうは
       ありますよ
と   かたつむりの   うずまきぎんがが
へいの   うえを   とおってくるよ

ぼうえんきょうで   さがさなくても

――きみも
       うちゅうの
       いちぶですよ
と   かたつむりの   うずまきぎんがが
ぎんの   ひかり   のこしていくよ


矢崎節夫童謡集『うずまきぎんが』(JULA出版局)より

 

 

 

投稿者 JULA出版局 (20:11) | PermaLink
この記事へのコメント

とっても嬉しいニュースに感激しています。
矢崎節夫先生、「2014年童謡文化賞」受章、誠におめでとうございます。心からご祝辞申し上げます。
3月1日の高松でのご講演の余韻と先生の受賞とが重なって、今とっても心地よい気持ちです。
高松空港と会場との往復の車内では”まどみちお先生”のことや”みすゞさん”の詩にまつわるいろいろなお話をお聞ききすることができ、また”さぬきうどん”を一緒にいただくことができ、とっても幸せでした。

投稿者 高松市 横山さん 2014年05月25日 17:32
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :