子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>日本童謡賞・童謡文化賞授賞式がありました!

Blog

2014.07.02  日本童謡賞・童謡文化賞授賞式がありました!

7月1日の「童謡の日」、第44回日本童謡賞・2014年(第13回)童謡文化賞(日本童謡協会)の授賞式がありました。

%E6%8E%88%E8%B3%9E%E5%BC%8F%28%E4%BD%8E%EF%BC%89.jpg

先日来ご報告しておりますように、長年金子みすゞを広めてきた功績と、ご自身の童謡集『うずまきぎんが』の評価により、矢崎節夫先生が童謡文化賞を受賞されました。選考委員の先生方が、『うずまきぎんが』と『金子みすゞの110年』を読んでくださったそうです。
日本童謡賞は、詩集『星』(岩崎書店)を書かれた武鹿悦子先生が受賞されました。武鹿先生は、最初の『金子みすゞ全集』の編集委員にお名前をいただいたお一人ですし、『うずまきぎんが』のまえがきも寄せてくださっていますので、JULAとしては二重の喜びになりました。

童謡文化賞の選考経過の報告では、日本童謡協会会長湯山昭先生が、矢崎先生のみすゞ捜しとその後広めるための努力、『うずまきぎんが』の魅力を、本当に丁寧に、情熱的に語ってくださり、矢崎先生もとてもうれしそうにされていましたし、同席させていただいたJULAの者も大感激でしたし、感謝状もいただきました。
会場には、みすゞの愛娘・上村ふさえさん、JULAの童謡集シリーズすべての装丁挿絵を描いてくださっている高畠純先生もかけつけてくださいました。

%E7%9F%A2%EF%BC%86%E9%AB%98.JPG

授賞式後の祝賀パーティでは、湯山先生の作曲による「うずまきぎんが」が本邦初披露となり、童謡歌手の土屋朱帆さんが歌ってくださいました。子どもたちの声で聴いてみたくなるかわいらしい歌、広く愛されるといいなと今から期待でいっぱいです。

%E5%9C%9F.JPG

矢崎節夫先生、武鹿悦子先生、本当におめでとうございました。

JULAのFacebookページでは、プータン宣伝本部長がレポートしていますので、そちらもぜひご覧ください。

%E7%9F%A2%E3%81%A8%E3%83%95%E3%82%9A.JPG

投稿者 JULA出版局 (15:56) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :