子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>2016年10月

Blog

2016.10.17  アメリカ版金子みすゞ絵本『ARE YOU AN ECHO?』販売します!


文:ディヴィッド・ジェイコブソン/訳:サリー・イトウ & 坪井美智子
挿絵:羽尻利門
223×285mm64


cart.gif
※現在品切れ中。ご予約を承り、3月末の入荷次第発送させていただきます。

先月、米シアトルの出版社チン・ミュージック・プレスから、金子みすゞを題材にしたオリジナル絵本『ARE YOU AN ECHO?-THE LOST POETRY OF MISUZU KANEKO』が出版されました。
金子みすゞの詩と人となりを、アメリカの人々にも広く知らせたい、という熱い思いでつくられた本です。
JULAでも販売をスタートいたしました。

チン・ミュージック・プレスの特設ページはこちら

絵本『ARE YOU AN ECHO?』は、ふたつのパートに分かれています。

kaneko-manuscript1p-7.jpg
前半は「Who was Misuzu Kaneko?」、「金子みすゞってだれ?」という物語です。
大学生の矢崎節夫青年が?「大漁」を読んで感動し、16年のみすゞ探しと甦りがあって、みすゞの人生が紹介されます。
亡くなったところでおしまいかと思ったら、時代はいっきに2011年へ。3月11日、東日本大震災で「こだまでしょうか」が、たくさんの人の心を励ましたことにまで話が及びます。
みすゞの詩は、いちどは埋もれてしまったけど、日本じゅうが大変だったとき、?こだまのように届いていった、というお話です。

kaneko-manuscript1p-21.jpg
後半は「A SELECTION OF MISUZU'S POEMS」、英語と日本語で15編の詩が読めます。
「私と小鳥と鈴と」「星とたんぽぽ」「こころ」のように、日本でもよく知られている詩ばかりでなくて、「昼と夜」「「去年」「電信柱」などといった、全集を読んでいる人しか知らないような詩も選ばれています。
英語圏の人に魅力のつたわりやすい作品をと考えられたのかもしれません。

物語部分は、ディヴィッド・ジェイコブソン氏が書き、詩の翻訳は坪井美智子氏とサリー・イトウ氏が日本とカナダでやりとりしながら進めたとのこと。挿絵は日本の若手画家・羽尻利門氏が手がけています。

32年前に甦り、日本じゅうに広がった金子みすゞが、海をわたり世界に広がる確かな足がかりとなる1冊。
ぜひ、お求めください。

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.10.04  朝日新聞に広告を掲載します

朝日新聞10月20日(木)・21日(金)朝刊1面に
カラー広告を掲載します。

「みんなちがって、みんないい」
なんだか最近、よく使われているこのフレーズ、
今から32年前に出版されたこの本に収録されていました。
金子みすゞ童謡集 わたしと小鳥とすずとです。

kotori.jpg


どうぞ、部分ではなく、詩全体を味わってください。
表題作以外にも、
「こだまでしょうか」「大漁」「星とたんぽぽ」「つもった雪」など、
現在みすゞの代表作と考えられている童謡は、
すべてこの本から広がっていったのです。
読書の秋、金子みすゞとの出会いの1冊としておすすめします。

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)