子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>金子みすゞ著作保存会

金子みすゞ著作保存会

金子みすゞ著作保存会とは

  misuzumaru.jpg
写真:金子みすゞ著作保存会提供

金子みすゞ著作保存会の設立主旨と活動内容
金子みすゞの作品は、作家没後54年目に『金子みすゞ全集』(JULA出版局)として、世に送り出されました。512編の作品の8割以上は未発表の作品で初めて世に出るものでしたが、没後50年をこえているために、現行の著作権法では、保護されませんでした。
そこで、金子みすゞの作品が正統に後の世に引き継がれることを願い、みすゞの遺族、みすゞ甦りの功労者である矢崎節夫、発行者のJULA出版局は、全集刊行直後、「金子みすゞ著作保存会」を設立。作品の使用に際して、その質が損なわれることのないように、お願いをしてきました。
また、金子みすゞ関係の写真資料等もお預かりして、保存・管理をしています。しかし、写真資料につきましては、原則としてお貸し出ししておりません。
これまで、他社出版をはじめとして、多くの団体また個人の方が、この特殊な状況を理解し、ご協力してくださっています。商品や宣伝物にお使いになる場合にのみいただいている作品使用料は、金子みすゞ記念館の設立やみすゞ資料の収集、保存会の事務費など、すべて金子みすゞの顕彰のために役立たせていただいております。


お問い合わせは
金子みすゞ著作保存会
(JULA出版局内)
TEL:03-3818-0791 FAX:03-3818-0796
Eメール:mimiko@jula.co.jp