子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ> 特別支援学校・学級用

特別支援学校・学級用

特別支援学校・学級用 一般図書(附則9条図書)資料


ジュラ出版局の発行する絵本は、特別支援学校・及び学級等で無償給与される「一般図書」に、毎年たくさん採択されています。日常的でシンプルなストーリーで構成された作品の数々は、「生活の教科に役立つ」「児童の実態にあっている」などのご感想を多数いただいております。
小社が定期的に行っている先生方へのアンケートの中から、現場での様子がよくわかる回答をご紹介いたします。採択の資料にご活用いただければ幸いです。


※表紙写真下部の数字は、文部科学省・一般図書一覧の〈発行者コード・図書コード〉です。
※ここでご紹介した絵本は、平成27年度分として、すべて供給可能です。
※掲載順は、採用の多い順です。

一般図書の採択図書および類書のチラシはこちら→   



<12-8・002>
ぴんきぃしろっぷちゃんのらくがきえほん
あそぼ!
さく・くぼたかし

大好きな遊びの絵を
思いっきり描いてみましょう。
子どものイメージを豊かに育てる絵本です。



185×210mm/12頁/税抜1360 

●サインペンつきで手が黒くなるまで一生懸命描いています。課題学習で教師の話を聞きながら描いたり、休憩時間に使ったりしています。
●動物の顔にらくがきもでき、顔の変化も楽しみながらやりとりすることができました。描くという活動が楽しさやうれしさになり、自発的に取り組む姿がみられてよかったです。
●とてもかわいいイラストとはっきりした色で児童も大きく目を開けて見ています。














●書いて消せる絵本は、子どもが好きでよく書いています。手を黒くして、ペンのインクがあっという間になくなるくらい、夢中になって遊んでいます。
●絵本に落書きして怒ることもありましたが、「これには書いていいよ」の約束をつくることができました。
●子どもとやりとりをしながら、絵を楽しく描けることができ、イメージを豊かにできた。
●片手で本を持ち、もう一方の手で子どもの手を支援してかくのにちょうどよい大きさでよかった。子どもたちはかいたり消したりすることを楽しみ、何度も繰り返し楽しんでいた。
●らくがきを楽しそうにしている姿が印象的です。よく笑顔で本を読んだり書いたりしています。
●教師と一緒に絵をかくと、手元をよく見るようになり、絵本の細かなところに注意を向けるきっかけになりました。




<12-8・001>
プータンいまなんじ?
え・ならさかともこ ぶん・わだよしおみ

長針を回すと短針も回る、本物そっくりの時計がついたしかけ絵本。
お話しに合わせて、時計の針を進めましょう。



185×210mm/22頁/税抜1360


●学校生活の活動時間と照らしあわせて、絵本の時計を授業に活用しました。
●時計の針に実際に触れられるので、ただ時計の絵だけの本よりもずっと時計を身近に感じられると思っています。
●小学部5・6年生で採用し、国語の教科書としています。
●親しみがもてるプータンの一日の生活の中で、何時の学習が楽しくできる時計盤が付いているのでよいと思います。一度学習してもまた少しして再度本を開くとまた楽しめる内容なので、繰り返し使用しています。
●視力の弱い子どももいるので、触覚から刺激をうけられる本は、子どもたちも喜びます。



●子どもの好きな繰り返しのパターンで進むことと、大好きなおばあちゃんを待つ気持ちが募って「いまなんじ?」と何回も尋ねる気持ちに同化しながら、、時計に興味を持つことができました。。
●まだ時計が読めない子どもたちが興味をもつ、いいきっかけになっています。
●ひとつのキャラクターがシリーズとして、いくつもの図書に展開されているのも、楽しみながら読み進められる理由かな、と感じています。
●時計の針を動かしながら、みんなで時刻を表しあい、クイズを出しあったりしました。多人数での指導にも用いることができました。





<12-8・004>
 プータンどこいくの?
え・ならさかともこ ぶん・おおむらゆうこ

子どもが大好きな車がたくさん登場する車輪のついた絵本。
本物そっくりの車輪を回しながら、おじいちゃんに会いに行きましょう。



185×210mm/22頁/税抜1360

●実際タイヤが回るので、指先を使ってタイヤに触れて回る感触を楽しんだり、教師がお話に合わせて回しながらページをめくることを楽しんだりと、とても意欲的に取り組むことができると思います。また「ガランガラン」という音がしたり、回すときの指先に伝わる振動もあったりして、重度な生徒にとっても、興味・関心のもてる本田と思います。
●タイヤを回したり、タイヤの音を聞いたりと、五感で楽しめるため、人気があったと思います。




●明るい色やかわいい動物の絵にひかれたようで、自分から手を伸ばして触っていました。
●しかけ遊びをすることで、本や学習活動への集中力が高まったように思います。
●よびやすくかわいいキャラクターに人気があり、プータンとよんで図書館でも人気です。
●タイヤがカチカチとまわるのが楽しかったようです。






かいて けして またかける
あいうえお
さく・うだがわさちこ

牛のおなかに「あいうえお」ってかいてみよう!
書いて消してを繰り返すうちに、ひらがな50音が
しっかり身につきます。


B5版/22頁/税抜1360

●何度もくり返し使えるので、毎朝の学習に使わせていただきました。字の大きさも丁度よく、1年間くり返しなぞり書きをすることで、線(文字)をなぞることも、上達したように思います。。
●文字を書く練習を始めた児童の学習で使ったところ、かいたりけしたりして、楽しみながら練習ができました。「読む」「書く」が同時に学習できる本でした。
●文字の獲得が完全でなかった生徒が興味をもって、書いたり消したりしながら楽しく覚えることができました。一斉指導ではなく、個別学習の中で活用しました。
●筆圧を気にせず書写練習ができる。繰り返し練習できるように工夫されていて、興味を持って取り組める。





ぴんきぃしろっぷちゃんのらくがきえほん
1・2・3                                          内容紹介はこちら

金子みすゞ童謡絵本
なしのしん                                        内容紹介はこちら

金子みすゞ童謡絵本
おひさん、あめさん                         内容紹介はこちら

金子みすゞ童謡絵本
ほしとたんぽぽ                                 内容紹介はこちら

もしもし…プータンです                   内容紹介はこちら

プータンとしんごうのパックン            内容紹介はこちら

プータンのすいぞくかん                      内容紹介はこちら