子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>2009年01月

Blog

2009.01.29  金子みすゞ甦りの演出者たち

のんびりしすぎました〜。
もう木曜になってしまいましたが。

talkspe.jpg
25日の日曜日、「みすゞトークスペシャル/『金子みすゞ全集』発行25年を迎えて」を催しました。
大学生のときの「大漁」との衝撃の出合い以来みすゞを探しつづけ、発掘した矢崎節夫先生、遺稿を全集で発行することに力を注いだJULA代表・大村祐子、このことを朝日新聞の社会面で大きく取りあげた河谷史夫さん
この3人が顔を揃え、河谷さんの司会進行のもと、甦りのドラマを詳細に語ってくださいました。
途中、みすゞの愛娘・上村ふさえさんも加わり、終盤には、みすゞの詩に最初に曲をつけて歌った吉岡しげ美さんも感慨深い思いを聞かせてくださいました。

矢崎先生が、遺稿集を携え各出版社をまわったとき、誰も「全集を出そう」としてくれなかった、無名の詩人・金子みすゞ。
今では、小学校の教科書で子どもたちに親しまれ、さまざまな自治体や出版社が「ぜひ作品を使わせていただきたい」と日々連絡してこられるようになりました(※みすゞの作品使用のお問い合わせについては、JULA内に窓口を設け「金子みすゞ著作保存会」が対応しています)。
矢崎先生の言葉をお借りすると、「決して権威や地位があるわけでない、ふつうの人たちが甦りを支えた」。
トークをしてくださった3人とてふつうの人、何より「地元の詩人」というだけで、10,000円の限定版全集を買おうとした長門市の人たちの協力なくしては、最初の一歩すら踏みだせなかったのです。

誰でも知っているような気がしている金子みすゞの詩に、こんな甦りのドラマがあったこと、ちょっと思いに留めていただけるとうれしいです。

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.01.16  【終了】知られざる豊かな国―キューバを通して見えてくる世界―

JULA BOOKSブックレットシリーズなどの著者・工藤律子さんが、ゲストパネリストとして出演するイベントです。

★革命50年・ゲバラ生誕80年記念友好フォーラム★
知られざる豊かな国
—キューバを通して見えてくる世界—

日時:2009年1月24日(土) 13:30開場
会場:なかのZERO小ホール

JRまたは東京メトロ東西線/中野駅南口から徒歩8分
参加費:第1部・1,000円/第2部・1,500円/1部2部通し券・2,000円
(円卓会議会員 1800円)
主催:キューバ友好円卓会議
※フォーラムチラシがダウンロードできます。
後援:キューバ大使館、ピースボート、キューバに自転車を送る会、キューバに鍼を送る会、キューバ連帯の会

《内容》
第1部フォーラム/14:00→17:00
【パネラー】
●工藤律子(ジャーナリスト)
☆‘90〜‘08 キューバが語ってくれたこと
●白根全(写真家・カーニバル評論家)
☆祝祭と叛乱・建て前の国キューバのカーニバル
●戸井十月(作家)
☆人を信じる人びと
●吉田太郎(長野県農業大学校勤務)
☆雇用政策と直結したキューバの教育

第2部キューバ音楽とサルサの祝祭/18:00開場・18:30→21:00
【出演者】
●ギターと歌/アントニオ・古賀
●サルサ/ヨスベル・シスカルド・ヒメネス

[お問い合わせ・参加申し込み]
キューバ友好円卓会議

〒157-0073東京都世田谷区砧8-15-14-101
TEL&FAX.03-3415-9292
【郵便振替口座】00100-9-499950(加入者名:キューバ友好円卓会議)

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.01.13  みすゞトークのゲストは…

「みすゞトークスペシャル」まで2週間ほどなのに、あまり準備ができてないっ!!(汗)
というか、あまり集客できてないっ!!(汗汗)
皆さん、きっとおもしろいお話になりますから、どうぞ来てくださいな。
というわけで宣伝のため、ゲストのご紹介を。

朝日新聞編集委員の河谷史夫さんは、現在、朝日新聞夕刊にて「記者風伝」という長期連載企画の第3弾を連載中です。
そして、なんといっても、この方が、はじめて「金子みすゞ」を記事にした方です。
1983年12月14日、社会面の頁の2/3くらいを占める大きな記事「よみがえる幻の童謡詩人」を書いてくださったことから、金子みすゞの名は全国に知られることとなったのです。
2001年にトークゲストに出ていただいた時は、記者らしい鋭い切り口で、矢崎先生に容赦なく言葉を浴びせられ、かつてないトークバトルが展開(!?)。
得てして、みすゞ関係のかたは、おとなしやかでおだやかで…というふうになりがちなので、むしろ小気味よいひとときであったことを記憶しております。

もう一人、ゲストなんていうと「やめて〜!」と叫びそうですが、小社の代表・大村祐子
『金子みすゞ全集』編集を手がけた人物です。
みすゞの作品は、そこに存在するだけでじゅうぶん宝物ですが、やはり書籍という形をとれたことで、より広く皆さんに知っていただくことにつながったことにはちがいありません。
「裏方だから話すのは苦手だ」というものの、何か一つことについて話しだすと、延々話しつづけることと思いますので、この機会にぜひ聞きにきてみてください。

みすゞトークのご案内はこちらから

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.01.05  今年もよろしくお願い申しあげます

zenshu.jpg

皆さま、あけましておめでとうございます。
本日、2009年の仕事始です。
今年は、『金子みすゞ全集』(写真/初版1000部の限定版でした)を発行して25年という区切りの年。
みすゞが、四半世紀の間にどのように広がってきたかを改めて実感するとともに、まだまだたくさんの方に魅力を伝えていくための、新しいチャレンジをしていかなければと思っています。
どうぞ今年もよろしくお願い申しあげます。

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)