子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップBlog>2014年04月

Blog

2014.04.08  中野節子先生の講演会を企画しませんか?

イギリス児童文学、
ファンタジーの研究者としてご活躍される
中野節子先生の講演会を企画しませんか?


ウェールズ語からはじめての完訳となり、高杉一郎先生に「日本語に移し植えた花」と絶賛された『マビノギオン』の翻訳の話、愛して止まない作家アリソン・アトリーやエリナー・ファージョンの話、そしてイギリスの児童文学の魅力について……。

中野節子先生は、長年、大妻女子短期大学で教鞭をとられ、また全国の子どもの本が好きな方々にご自身の研究テーマを語られてきました。中野先生のお話から、『マビノギオン』やアトリー作品の魅力にとりつかれた方も多くいらっしゃいます。

児童文学やファンタジー作品を愛するみなさまに、中野先生のお話を聞いていただきたく思い、JULA出版局では先生にお願いして、講演会の窓口をさせていただくことにいたしました。
どうぞ、お気軽にご相談ください。
(担当:JULA出版局柴崎 03-3818-0791)


%E4%B8%AD%E9%87%8E%E7%AF%80%E5%AD%90%E5%85%88%E7%94%9F%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A.jpg
福岡県
子どもの本専門店エルマー主催の中野節子先生講演会の様子

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2014.04.02  書店さまへ 金子みすゞ詩集発行30周年のご案内

1982年2月28日に『金子みすゞ全集』を発行、今年は30周年の節目の年です。
また、同年に発行した金子みすゞ童謡集『わたしと小鳥とすずと』が広まっていくことで、「わたしと小鳥とすずと」「こだまでしょうか」「星とたんぽぽ」など、みすゞの詩をたくさんの方に知っていただくことができました。
今年は、金子みすゞ詩集発行30周年として、さまざまな企画をご提案していきたく考えております。

第一弾としまして、『わたしと小鳥とすずと』『明るいほうへ』『このみちをゆこうよ』および「金子みすゞ童謡集3冊セット」に、限定オビをつけております(現在出荷分はこちらで対応させていただいております)。

set30.png

また、『わたしと小鳥とすずと』「金子みすゞ童謡集3冊セット」には、みすゞが手帳に残した文字をそのまま印刷した「自筆はがき」をつけた形で販売させていただきます。セットには下の3枚、『わたしと小鳥とすずと』には、「私と小鳥と鈴と」をおつけします。

hagaki30.jpg

金子みすゞ童謡集と『金子みすゞの110年』を組み合わせた限定セットをご用意いたしました。
拡材として横長ポップもご準備しておりますので、どうぞご検討下さい。
限定セットの注文書はこちら→


4月12日(土)付の朝日新聞朝刊1面に、『わたしと小鳥とすずと』の広告を掲載します(カラー・書影入り)。



『わたしと小鳥とすずと』のみの注文書もご用意しておりますので、どうぞご活用ください。
朝日広告掲載の注文書はこちら→

今後も情報を随時更新してまいりますので、どうぞよろしくお願い申しあげます。

投稿者 JULA出版局 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)