子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ> アリソン・アトリー

アリソン・アトリー

アリソンアトリーとイギリス児童文学

alison.jpg
16歳のアリソン(本名アリス・ジェーン・テイラー)
JULAの草創期から交流のあったイギリス文学の研究者・中野節子さんの二大テーマは、児童文学作家アリソン・アトリーとウェールズ地方の神話伝説集「マビノギオン」でした。
一見関係のなさそうな二つをつなぐキーワードは、「現実をつきつめたところにしか、本当にすぐれたファンタジーは生まれてこない」という考えです。

イングランドの田舎、丘の上の農場で生まれ育ち、後年作家になってからも、自然とともに、動物とともに生きていく田舎の暮らしを描き続けた作家、アリソン・アトリー。
実生活の暗さに反比例するかのように、光を増していった彼女の想像の世界――そこには、子ども時代を過ごした田舎での風景と生活、古くから語り継がれてき た伝承の数々、そして彼女が憧れた「誰ひとり死ぬことなく、何ひとつ失われるものもない、永遠の世界」が、いきいきと描き出されていきました。
物語の背景は、アトリーが生まれ、18歳までを過ごした生家キャッスル・トップ・ファームとクロムフォードの村での日々に終始しています。日本よりもずっ と早くに都市化を迎えたイギリスでは、彼女の物語は、まさに「田舎への郷愁」を込めて、多くの読者から愛されています。人々は、そこに漂う古きよき生活 に、普遍的な人間の暮らしをみているのかもしれません。

『物語の紡ぎ手 アリソン・アトリーの生涯』訳者・中野節子氏は、あとがきで「91歳に至るまで長い年月を生き、半世紀にもわたる作家生活 のなかで100冊もの作品を、冷徹な観察眼と豊かな想像力を駆使して書き続けた彼女の生涯は、それ自体が、子どものもつ純粋な魂を完全に燃焼しつくした 日々であった。アリソン・アトリーは、児童文学の矛盾に満ちた魅力を生き抜いた、まことに稀有な作家なのである」と評し、いまこそ、これまで日本で虫食い 的に紹介されがちであったアトリーの作品が、再評価される絶好の機会であることを示唆しています。

今、イギリス発のファンタジーが、映画やアニメになって、日本でも人気を集めています。
すべてのファンタジーを愛する人たちへ!
本当にすぐれた、骨太のファンタジーの秘密を解く鍵として、JULAがお届けするラインナップをご覧ください。





物語の紡ぎ手 アリソン・アトリーの生涯

  4882841959.jpg
自分を曲げない強靭な生き方は、
天性の無邪気に支えられたのだろうか。

――童話作家・中川李枝子

本体3,800円+税
著・デニス・ジャッド/訳・中野節子


グレイ・ラビット、チム・ラビット、サム・ピッグなどの
動物ファンタジーや、長編ファンタジーの傑作『時の旅人』
の著者アリソン・アトリー。91年間の長い生涯を、
歴史学者の目で詳細に描き出した、唯一の本格的な
伝記、待望の初邦訳!!

>>詳細

作品を読んで考える イギリス児童文学講座(1) ファンタジーの生まれるまで

fantasy.jpg

本体2,000円+税
著・中野節子・
水井雅子・吉井紀子

児童文学が、イギリスでどのようにして生まれ、
育ち、みごとな花を咲かせることになったのか。
鍵となる作品を読みながら、その謎に迫る。
シリーズ第1弾は、18世紀半ば児童文学の誕生から、
アンデルセンの英訳とリアの『ノンセンスの本』が出版された
「魔法の年」1846年までを紐解く。



cart.gif  

>>詳細

作品を読んで考える イギリス児童文学講座(2) 芽吹きはじめたファンタジー

9784882842248.jpg

本体2,000円+税
著・中野節子・
水井雅子・吉井紀子

子どもとおとながともに楽しめる不思議な文学―—
児童文学が、イギリスでどのようにして生まれ、育ち、
みごとな花を咲かせることになったのか。
ファンタジーをキーワードに、
その謎に迫る新しい文学講座の第2巻。
ヴィクトリア朝とその前後。
シャーウッドからキャロルを経て、キプリングまでの約1世紀。


cart.gif  

>>詳細

作品を読んで考えるイギリス児童文学講座(3)根をおろすファンタジー

9784882842248.jpg ★好評発売中!!

本体2,000円+税
著・中野節子・
水井雅子・吉井紀子

子どもとおとながともに楽しめる不思議な文学―—
児童文学が、イギリスでどのようにして生まれ、育ち、
みごとな花を咲かせることになったのか。
ファンタジーをキーワードに、
その謎に迫る新しい文学講座の第3巻。
ヴィクトリア朝後期。
モルズワース夫人から、ネズビット、グレアム、
バリ、バーネットのかつやくする20世紀初頭まで。


cart.gif  

>>詳細

作品を読んで考えるイギリス児童文学講座(4)花ひらくファンタジー

 ★シリーズ完結!!

本体2,000円+税
著・中野節子・
水井雅子・吉井紀子

子どもとおとながともに楽しめる不思議な文学―—
児童文学が、イギリスでどのようにして生まれ、育ち、
みごとな花を咲かせることになったのか。
ファンタジーをキーワードに、
その謎に迫る新しい文学講座の第4巻。
トールキン、アトリー、ファージョンなど、
多彩なファンタジー作家が活躍した時代。
二つの戦争の間から戦後まで。



cart.gif  

>>詳細