子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>お話の絵本

お話の絵本

kokko.jpg

1冊の本ができあがるまでに、かかわる人が多いのもJULAの特徴です。

たとえば、お話を書くのは作家、絵を描くのは画家。
でも、それだけでは本はできません。

まずは編集者が加わって、
どんな本にするのか、どうすればよりよい本にできるのか…
みんながひとつのテーブルに集まって、
何度も何度も話し合いを繰り返します。

それぞれの内容にあった本の形にするため、
早い段階からデザイナーさんもチームに加わります。

繊細な原画の色を最大限に生かすには…となれば、
製版屋さんや印刷屋さん、写真屋さんに紙屋さんも飛んできます。
美しい装丁のために、製本屋さんに相談することもあります。

かかわったすべての人たちが、同じ熱意で取り組んで、
「ひとつの舞台をつくりあげていく」ような本づくり、
その分、時間はたっぷりとかかりますが、大切なことだと思っています。
(写真は、じてんしゃっていいね コッコママ