子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>マビノギオン

マビノギオン

owl.jpg

JULAの草創期から交流のあったイギリス文学の研究者・中野節子さんの二大テーマは、
児童文学作家アリソン・アトリー
ウェールズ地方の神話伝説集「マビノギオン」でした。

一見関係のなさそうな二つをつなぐキーワードは、
「現実をつきつめたところにしか、本当にすぐれたファンタジーは生まれてこない」
という考えです。

中野さんは、ファンタジーの豊かな土壌の歴史としての物語「マビノギオン」に魅せられ、
大学で教鞭をとるかたわら、何度も現地に足を運んで研究を続けてきました。

そして、出会いから実に四半世紀を経て、
2000年、『マビノギオン──中世ウェールズ幻想物語集』の出版に至ったのです。

物語の中には、神話、伝説、民話があり、また、アングロ・サクソン人と戦った英雄の物語
──アーサー王物語の原型といわれる物語もあります。

異界アンヌウヴンとの交流、魔法と不思議の世界。

今も、ウェールズに息づく物語の風をぜひ感じてください。


>>詳細