子どものための、かつて子どもだったおとなのための、子どもの幸福を願うみんなのための、本の店です。

トップ>子どもについて考える本

1998 夏 No.17 たび重なる子どもの事件から 私たちはこう考える

 1998 夏 No.17 たび重なる子どもの事件から 私たちはこう考える

特集1たび重なる子どもの事件から・私たちはこう考える
◎中野光/古田足日/松田高志/中山路子/山岡雅博/服部栄/小笠毅/
児玉勇二/瓜生津隆真/普光院亜紀/墨威宏/湯浅とんぼ/佐藤修/光山恭子
特集2育つということ
◎乳児期・二歳 二歳児の心の育ち 今井和子
◎幼児期・三-六歳 幼児期に育つもの、育たないもの 師岡章
◎幼児期・五歳 「育つ」ことを信じる 中村健
◎小学校低学年 「人として育つ」ことのステキさの実感を?幼保とつなげて、
小学校低学年でつけたい力 河合貞子
◎"育つ"と"育てる"と 久保田浩
◎正木健雄先生にきく いま、子どものからだに起きている変化-大脳前頭葉の発達が


本体1,000円+税 cart.gif

編集:幼年教育研究所/編集責任:久保田浩

コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :